カウンセラー紹介

プロフィール

 

やまもと せいいち
『たゆたメンタルオフィス』代表

うつ改善心理カウンセラー  


1978年 愛知県安城市生まれ

既婚、二児の父親


●米国NLP協会認定エリクソン・ヒプノプラクティショナー
(エリクソン催眠心理療法士)
●日本医療催眠学会 正会員


落ち込んだ気持ちを穏やかな気持ちに切り替える、うつ改善心理カウンセラー。

米国の医療現場で培われてきた、
催眠療法(ヒプノセラピー)のテクニックを主に用い、薬を使わずにうつの改善をしている。

三河地区で唯一の、
男性の専業催眠療法士(ヒプノセラピスト)でもある。

 

略歴


20代の頃、少年時代からの夢であった、絵に携わる仕事に東京で就く。

しかし、競争が激しい業界で、努力では補えない才能の限界を感じ、4年半で退職。

人生で初めて大きな挫折を経験。
生きている意味を見失う。



その後地元の愛知県にもどり、普通の人生を歩もうと結婚。

仕事は愛知という土地柄から、自動車製造業の正社員となる。


正社員になってみたものの、好きで始めた仕事ではないので、どこか空しさを感じる日々がつづく。

その空しさをどうにか埋めたくて、哲学や精神世界、心理学や心理療法などを学びはじめる。


ひとの心の仕組みについて学んでいくうちに、自分が本当にやりたい仕事は、「ひとの心とふれあう仕事」なんだと気づき、セラピストになることを決意する。


それから間もなく、子供の死という大きな喪失を経験するが、自らその悲しみを癒し立ち直る。

この時の経験が、「人はどんな悲しみからも立ち直ることができる力を持っている」という信念を強くさせた。


その後カウンセリングルームを自宅開業し、現在に至る。

 

男性カウンセラーということもあり、女性のみならず、男性のクライアントも数多い。

また、医師や教師、アロマやヨガの講師、会社経営者など、指導的立場にある方へのカウンセリングが多いのも特徴。

 

「一人ひとりに幸せになってもらうことで、世界を平和にする」

そんな夢をもちながら、日々クライアントと向き合っている。

 

 

セラピストの著書

 

 

 

 

 

 

 

普段クライアントによくする話をまとめた本です。

 

認定資格等


 

 

 

 

●日本医療催眠学会 正会員
●米国NLP協会認定 エリクソン・ヒプノプラクティショナー
●レイキマスター(現代レイキティーチャー)
●チャネラー (リチャード・ラビン氏によるCTPレベル2修了)
●日本ゲシュタルト療法学会 養成講座受講
●公益財団法人暮らしの学校 催眠療法クラス講師
●三河コミュニティプラザ  ヒプノセラピー講座 講師担当

 


 

写真は、不安障害とパニック障害のセラピー手順をご教授いただいた際の、石原クリニックの石原均医師と私。



写真はチャネラーのリチャードさんと、私と通訳のチャンパックさん。
(左からチャンパックさん、私、リチャード・ラビンさん)




写真は私とエリクソン催眠家のトーマス・コンドン氏。